総合紹介部員紹介試合結果年間予定新入生募集

このサイトについて

このサイトは、法政大学体育会射撃部の活動の紹介・射撃競技の普及・大学射撃界での交流と情報交換を目的に運営されています。 URLは、
http://homepage2.nifty.com/hosei/
です。 リンクはご自由にどうぞ。

ライフル射撃とは?

ライフル射撃はオリンピック正式種目です。世界各国で競技会が行われています。 空を飛ぶ皿を撃つクレー射撃とは異なり、ライフル射撃では静止した紙の標的を狙い、その中心へ正確に鉛弾を命中させる競技です。 日本では、2012年現在全国で66大学の学生がライフル射撃競技に勤しんでいます。 ご存知の通り、日本では銃の所持は銃刀法に基づき厳しく制限されていますが、一定の条件を満たし、公安委員会が開催する講習を修了すれば、標的射撃のみに使用するという条件でライフル銃の所持許可を受けることができます。 ライフル銃はその語感から危険なものと一般的にとらえられていますが、知識を持った人間が正しく扱えば安全です。学生射撃においては、戦後一度も重大事故は発生していません。

学生大会では10mエアライフル(10mS60)、50mライフル 女子3×20(50m3×20)・男子3×40(50m3×40)、50mライフル伏射(50mP60)の三つの競技が行われています。 大学スポーツでは主に男女別団体戦の形式がとられます。個人競技であるライフル射撃も例外ではありません。 団 体戦では、各大学は事前に各競技につき男女ともそれぞれ三人(一人が複数の種目登録可)を、「レギュラー」と指定しておき、その合計点を争います。団体戦 において競われる種目は、男子では10mエアライフル(10mS60)・50mライフル3×40(50m3×40)・50mライフル伏射 (50mP60)、女子では10mエアライフル(10mS40)・50mライフル3×20(50m3×20)となっています。

法政大学体育会射撃部の紹介

法政大学体育会射撃部は、1924年(大正13年)に創立され、これまで学生連盟一部校として大学射撃界で活躍してきました。 主な活動場所は、多摩キャンパス総合体育館3階射撃場です。

略歴
1924(大正13)年射撃部創部
1941(昭和16)年東京六大学射撃対抗戦が始まる
1943(昭和18)年太平洋戦争のため活動停止
1953(昭和28)年学生連盟復活同時に法政大学射撃部も復活
1958(昭和33)年法政大学体育会の正部となる
1963(昭和38)年秋関、全日本学生大会を続けて総合優勝
1966(昭和41)年台湾に遠征
1969(昭和44)年全日本学生大会総合優勝など、この前後、輝かしい成績を収める
1973(昭和48)年全日本で総合団体優勝
1974(昭和49)年タイに遠征
法政大学の提唱で、東京六大学射撃競技会が復活
日本スポーツ賞受賞
1978(昭和53)年東京六大学射撃競技会で優勝
2001〜2002年東京六大学射撃競技会で本学史上初の四連覇達成
2015年全日本で女子総合団体優勝