総合紹介部員紹介試合結果年間予定新入生募集

このサイトについて

このサイトは、法政大学体育会射撃部の活動の紹介・射撃競技の普及・大学射撃界での交流と情報交換を目的に運営されています。 URLは、
http://homepage2.nifty.com/hosei/
です。 リンクはご自由にどうぞ。

ライフル射撃とは?

ライフル射撃は第1回のアテネオリンピック大会から正式種目として採用されており、世界各国で数多の競技会が行われています。

ライフル射撃は、静止した電子標的を狙い正確にその中心に鉛弾を命中させ、0.1mm単位の命中精度を競う競技です。

(※クレー射撃:クレーと言う素焼きの皿を空中に飛ばして撃ち壊す競技)

国内では、現在70校前後の大学の学生がライフル射撃競技に勤しんでいますが、銃の所持は銃器刀剣類等所持取締法(銃刀法)によって厳しく制限されています。

然しながら、公安委員会が開催する講習を受講し法定要件を充足していれば、標的射撃のみに使用するという条件でライフル銃の所持が許可され、専用の射撃場においての射撃が可能となります。

前述の通り、所定の講習と一定時間の教習を受けて銃に対する正しい知識を持った者が、関係法令に基づいて正しく扱えば安全で健全なスポーツです。

因みに、学生射撃においては、戦後一度も重大事故は発生していません。

ライフル銃は、国内においては、現行の法律により銃器の所持が厳しく規制されていることもあり、一般社会においてはスポーツ競技としての認識が希薄ですが、世界を見渡せば、数多の国で多くの人々が身近なスポーツとして射撃競技を楽しんでいます。

学 生の大会では、空気銃を使用して10mの距離で競うエア・ライフル立射競技(男子は60発、女子は40発)と実包銃を使用して50mの距離で3つの姿勢 (立射、膝射、伏射)で点数を競う(スモールボアライフル競技)が行われています。この競技での発射弾数は、男子は120発、女子は60発でその合計点で 順位が決定します。

これ以外には、男女共に実包銃による伏射60発競技が行われています。

大学スポーツでは、近年文部科学省のスポーツ基本計画に基づき男女別団体戦の形式が一般的になりました。

個人競技が主体であるライフル射撃も例外ではなく、 団体戦では、各大学は事前に各種目毎に男女ともそれぞれ三人(一人が複数の種目登録可)を「レギュラー」として登録して、その合計点で順位を競います。


  • エアーライフル銃(空気銃)の主な活動場所は、多摩キャンパス総合体育館3階射撃場です。実包銃のスモールボアライフル銃の練習は、関東圏(千葉、埼玉、神奈川、静岡)の実包銃専用射撃場で行っています。


  • 「ライフル射撃大会」は、国際スポーツ射撃連盟(ISSF)の呼称に合わせて、大会名称は、今後は徐々に「スポーツ射撃大会」に変更される予定です。


法政大学体育会射撃部の紹介

法政大学体育会射撃部は、1924年(大正13年)に創立され、これまで学生連盟一部校として大学射撃界で活躍してきました。 主な活動場所は、多摩キャンパス総合体育館3階射撃場です。

略歴
1924(大正13)年11月射撃部創部 (創設者 男爵 西勝男氏)
1941(昭和16)年東京六大学射撃対抗戦が始まる
1943(昭和18)年太平洋戦争のため活動停止
1953(昭和28)年学生連盟復活同時に法政大学射撃部も復活
1958(昭和30)年
GHQの政策変更により射撃競技大会の開催が認められたため、
体育会に正式加盟 準部扱い
1958(昭和33)年法政大学体育会の正部となる
1963(昭和38)年秋関、全日本学生大会を続けて総合優勝
1966(昭和41)年台湾に遠征 (台湾大学と親善試合を行う駐台米軍チームも特別
参加)
1969(昭和44)年全日本学生大会総合優勝など、この前後、輝かしい成績を収める
1973(昭和48)年全日本で総合団体優勝
1974(昭和49)年タイに遠征 (タイ国内の5大学及び周辺国の大学との親善試合を
行う。タイ国ナショナルチーム及びタイ国陸軍チームも特別参加)
法政大学の提唱で、東京六大学射撃競技会が復活 (第一回は本
学中村哲総長が大会会長)
日本スポーツ賞受賞
1978(昭和53)年東京六大学射撃競技会で優勝
2001〜2002年東京六大学射撃競技会で本学史上初の春季、秋季四連覇達成
2006(平成16)年
春季、秋季東京六大学射撃競技会で連覇

全日本学生で準優勝
2015(平成27)年全日本で女子総合団体優勝
2016(平成28)年
全日本学生選抜で女子総合優勝